トップページ

▼核酸とは

核酸.jpg
人間の身体の中にはおよそ60兆個の細胞があり、その細胞は毎日生まれ変わっています。
新しい細胞に生まれ変わるときに、必ず必要になる物質が核酸です。
核酸とは、生命を維持するための遺伝子の材料となる物質で、
DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の二種類から成り立っています。
1869年に発見され、その物質が酸性であることから「核酸」という名前がつけられました。
DNAは遺伝子の本体であり、親から子へ、細胞から細胞へと伝えられる遺伝の情報は、DNAに書かれています。
また、糖鎖の両端のうち、5'にリン酸が結合して切れている側のほうを 5'末端、反対側を 3'末端と呼んで区別する。また、隣り合う核酸上の領域の、5'側を上流、3'側を下流といいます。
さらに、ほぼすべての生物に含まれていると考えられています。重量比では、酵母(Baker's yeast/Saccharomyces cerevisiae)、海苔(Purple laver)、白子(鮭)、牡蠣、大豆、肝臓(豚)などでの検出値が高いようです。

核酸の構造

核酸の一次構造とは、(デオキシ)ヌクレオシド成分がホスホジエステル結合によって、連続的に連結され、枝分かれのない、ポリヌクレオチド(ヌクレオチドの重合体です。核酸と区別して、20程度の短いものを指すことがある)鎖を形成させるような(デオキシ)ヌクレオシド配列となっています。

核酸の二次構造とは、一本鎖の主にホモポリヌクレオチド(塩基成分が同一のヌクレオチド重合体)の場合には、塩基間の相互作用によって規定されるヌクレオシド成分の空間的配置をさします。2本の相補鎖の場合には、同一の鎖の隣接塩基間の相互作用と、互いに平行している鎖の対向塩基間の水素結合により安定化された規則的な二重螺旋(DNAには三重、四重螺旋も存在する)を意味します。

核酸の三次構造は、固定化された二重螺旋とそれ以外のタイプの配列で形成されます。

核酸の四次構造は、リボソームやヌクレオソームのような核蛋白質と相互作用している高分子の空間的配置を意味します。特に、ポリヌクレオチドとポリペプチドの相互依存による高分子構造を指します。

核酸塩基 (nucleobase) は核酸 (DNA, RNA) を構成する塩基成分で、主なものにアデニン、グアニン、シトシン、チミン、ウラシルがあり、それぞれ A, G, C, T, U と略します。構造の骨格からプリン塩基 (A, G) とピリミジン塩基 (C, T, U) とに分けられます。

核酸やヌクレオチドの構成単位(の繰り返し数)として、たとえば、10塩基(1本鎖の場合)または10塩基対(2重鎖の場合)などと便宜的に用います。

化学的性質

変性
核酸や蛋白質などの巨大分子に起こる現象の一つで、一般的に二次以上の構造に関係している非共有結合交互作用の破壊を指し、核酸の場合では二本鎖から一本鎖の変換を意味し、慣用的に融解といわれます。変性の化学的外因は紫外線、熱、加圧、攪拌、酸・塩基、溶媒のイオンなどです。

これらのような刺激を与え続ければ、核酸の螺旋構造(以下、単に螺旋構造といえば二重螺旋の二次構造を指し、螺旋分子といえばその構造を持った核酸分子を意味する)は解けてゆき、最終的には平行していた鎖が完全に解離し、一本鎖となるでしょう。
この遷移の所要時間をその螺旋構造の安定性といえます。鎖の解離は対向塩基間の水素結合の切断によって進行するが、G/C塩基対の3本の結合より、A/T塩基対の2本の塩基対の破壊が容易であることは明らかです。

pHm

pHmは、上昇前のpHと、変性の完了の瞬間のpHの、中間のpHの値です。定義については上のTmで、温度をpH、TmをpHmを代入したものと同様であるので、pHm について特に解説することはない。以下に、両者の変性過程に共通して関わることを述べる。

螺旋分子の変性の遷移過程の特徴として、nativeの状態から変性状態へ遷移するときの遷移間隔の幅(⊿Tm、⊿pHm)があげられます。螺旋分子の変性過程を、上で示した吸光度の観測実験のように解析した結果において、1-θ曲線に対する点での接点が、直線1-θ=1(全変性)、および1-θ=0(未変性)と交差する温度の差から求められます。

これは遷移の協力性、すなわち温度(pH)の上昇に伴う螺旋構造の要素のすべてが崩壊する同時性の度合いを反映します。螺旋構造がある温度で同時に消失するとき、⊿Tm(⊿pHm) = 0となる。DNAは決してそのような融解はしません。

今まで二重螺旋のことばかり扱ってきたが、核酸には一重や、三重、四重螺旋も存在し、また部分的に二重螺旋を持つ三次構造も存在します。それらと比べ、単一の種類の螺旋分子の未変性温度およびpHは極めて低く、また⊿Tmは特徴的に低い(3〜7℃)ので、他の構造とほとんど区別できます。

2007年にWHOは、タンパク質中の含硫アミノ酸、メチオニン、システインの酸が骨のカルシウムを流出させるため骨の健康に影響を与えるため、カリウムを含む野菜や果物のアルカリ化の効果が少ないときカルシウムを損失させるため骨密度を低下させると報告した。

・- Δ G37°
構造安定エネルギーといいます。上で示した通り、螺旋構造の安定性はG/C含量に依存することを述べましたが、実はそれだけでなく、スタッキング相互作用も関与しています。水素結合は螺旋の軸に垂直に、スタッキング相互作用はほぼ平行に形成されるため、両者の、安定性への寄与を分けて考えることが可能です。

核酸の存在

核酸は、ほぼすべての生物に含まれていると考えられています。重量比では、酵母(Baker's yeast/Saccharomyces cerevisiae)、海苔(Purple laver)、白子(鮭)、牡蠣、大豆、肝臓(豚)などに多く含まれ、検出値が高いそうです。
参考URL:https://kazayo.com/kakusan/

酸性食品とアルカリ性食品

海外の栄養学的な疫学研究では、酸の多い食事は骨に悪影響があるとする結果が示されており、疫学に関する専門家によって食事指導が提案されている。
2002年に世界保健機関(WHO)は、動物性たんぱく質による酸性の負荷は、骨粗鬆症の発症に関してカルシウム摂取量よりも重要な要因ではないか、と報告している。

2010年の日本の管理栄養士の国家試験のテキストはこの分類を掲載している。医学的な研究は、骨や、高齢者の筋肉量の保存に関わり、尿路結石、痛風との関係を示してきた。

このような過剰な食事性たんぱく質や塩化物、リンといった食物源による酸性の負荷に偏り、野菜や果物のようなアルカリ性の栄養素が多い食品をバランスよく食べていなければ慢性アシドーシスのリスクが上昇する。酸の影響は尿路結石の形成につながり、酸負荷の低下につながる肉の摂取量の減少は血圧や心血管に関わる死亡リスクを減少させる。

理論

理論的には血液を含む体液の酸塩基平衡は、呼吸により排泄される二酸化炭素と、腎臓の尿細管による炭酸水素イオンの生成量により決定されることが解明されているが、疾患をもつ場合や、食事の摂取が不十分の場合には、食事の種類や構成によって血液が酸性に傾くことがある。

(ほか、薬物などの摂取によっても起こる)食事によって代謝性アシドーシス(血液を酸性化しようとする病態)が起こることも観察されており、また酸性の負荷が高く代謝性アシドーシスを起こす食習慣では骨密度を減らす影響があることや、心血管疾患のリスクを高めることが懸念されている。

海外の栄養学的な疫学研究では、酸の多い食事は骨に悪影響があるとする結果が示されており、疫学に関する専門家によって食事指導が提案されている。
2002年に世界保健機関(WHO)は、動物性たんぱく質による酸性の負荷は、骨粗鬆症の発症に関してカルシウム摂取量よりも重要な要因ではないか、と報告している。

分類方法
基本的な方法
食品の酸性・アルカリ性は、食品そのものではなく、食品に含まれるミネラルが酸性かアルカリ性かを判断する。測定は、食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液を調製し、その水溶液のpHを計測する。

後述するように尿路結石を予防するためには尿をアルカリに傾ける必要があるが、PRALの指標を食品の選択に用いることができる。酸性の食事が骨の健康を損ねるので、この目的でも用いられる。

この分類では、卵黄やアルカリ分が残っていないチーズは酸性度の最も高い食品とされ、野菜や果物はアルカリ性の食品に分類される。

PRAL値
1995年、食品の腎臓への酸性の負荷をPRAL値(Potential renal acid load)という指標であらわす測定方法が考え出された。ラマーとマンツは生理学に基づいて、一般的な食品の酸性負荷PRALを算出する手法を開発しており、このPRALに基づいて酸排出量を計算することができる。

この分類では、卵黄やアルカリ分が残っていないチーズは酸性度の最も高い食品とされ、野菜や果物はアルカリ性の食品に分類される。

食品
1890年前後にこの概念を提唱したのは、スイスのバーゼル大学の生理学者、グスタフ・フォン・ブンゲ(ドイツ語版)で、肉を食べると含硫アミノ酸(当時は硫黄と呼ばれた)が硫酸に変化し、体組織を酸性にするのでアルカリ性のミネラルを摂取する必要がある、と主張した。アルカリを欠乏させないことで健康を保つことができるということである。

この分類では、卵黄やアルカリ分が残っていないチーズは酸性度の最も高い食品とされ、野菜や果物はアルカリ性の食品に分類される。

日本
日本でも国立健康・栄養研究所の西崎弘太郎が、食品の酸性度やアルカリ度を発表しているが、日本の栄養学ではこうした主張はなくなっていった。1984年の日本の病理学書によれば、「重度の脱水症によってアシドーシス(血液が酸性化すること)が起こる」としか書かれていない。

2007年にWHOは、タンパク質中の含硫アミノ酸、メチオニン、システインの酸が骨のカルシウムを流出させるため骨の健康に影響を与えるため、カリウムを含む野菜や果物のアルカリ化の効果が少ないときカルシウムを損失させるため骨密度を低下させると報告した。

理論的には血液を含む体液の酸塩基平衡は、呼吸により排泄される二酸化炭素と、腎臓の尿細管による炭酸水素イオンの生成量により決定されることが解明されているが、疾患をもつ場合や、食事の摂取が不十分の場合には、食事の種類や構成によって血液が酸性に傾くことがある。

海外の栄養学的な疫学研究では、酸の多い食事は骨に悪影響があるとする結果が示されており、疫学に関する専門家によって食事指導が提案されている。
2002年に世界保健機関(WHO)は、動物性たんぱく質による酸性の負荷は、骨粗鬆症の発症に関してカルシウム摂取量よりも重要な要因ではないか、と報告している。

健康とは

健康とは、心身ともに健やかな状態であること。疾病の予防や健康の保持、増進などを健康管理(けんこうかんり、英: health care)といい、身体の状態のみでなく、精神の状態を表す時にも使われている。

健康の概念は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある、以下の定義が有名である。
身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。
1951年(昭和26年)官報掲載の日本語訳は、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。

この定義は、健康に関連する権利が不可分かつ相互依存であることを示している。

世界保健機関は1999年の総会で健康の定義として以下の定義を提案しているが、審議には至っていない。強調は1948年との変更箇所(原文に強調はない)。
健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。
社会的な健康の概念は、健康の社会的決定要因により説明される。すなわち、裕福で、富の分布が公平な社会にすむ人たちは、健康である。また、どのような社会においても、社会的地位が低いと、平均寿命は短く、疾病が蔓延している。

生活保護の健康に関わる日本国憲法に定められている健康については、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とあるが、生活保護の生活扶助(食費)は最低限(BMIの適正体重)を基準とする場合、十分に満たすことが可能であるも、費用設定が低いため三大栄養素以外の栄養については、厚生労働省の定める推定平均必要量(この値では欠如している可能性が50%以上ある)を満たせず微量栄養素栄養失調(欠乏症)により直接、死には繋がらないが、病気や怪我にはなりやすく、身体的・精神的に完全に良好な状態とは言えず病的な状態となり得る。そのため、日本国憲法25条の規定に国は沿っていないことになる。

健康の前提条件

健康づくりのためのオタワ憲章では、健康を達成するための前提条件(Prerequisites for Health)が明示された。

平和
住居
教育
食糧
収入
安定した環境
持続可能な資源
社会的公正と公平

これらの健康の前提条件は、1998年に健康の社会的決定要因として整理されている。

健康観

健康観とは、個人が健康という事象をどう捉えるかという、健康に関する主観的な基準であり、人は各々の健康観に基づいて自分の健康状態を判断したり、健康に関わる行動を決定している。 健康観は各人の社会的属性・人的属性により異なり、変化するものである。社会的属性とは、会社、学校、地域、国、文化などであり、人的属性とは性別、年齢、身体状態などである。

感染性疾患から慢性疾患へと社会の疾病構造が変化するにつれて、病気と対置する健康から、豊かな生活を送る上での健康へと健康観も変化しつつある。オタワ憲章では「健康は、生きる目的ではなく、毎日の生活の資源である」と謳われ、病気を一定の制約として受け入れた上で、与えられた機会の中でより良い生活を送るために自らの健康をコントロールする、ヘルスプロモーションの理念とともに新しい健康観を打ち出している。

医学・福祉に従事する者は、健康を医科学的側面と価値観的側面の両立を成しえてこそ維持されるものであり、その点で健康観的な研究、あるいは知識を身につける。
健康観の研究は、多分野によるアプローチが行われている。健康観の研究は、医科学的な分野ではない。文化学的、学際的要因と関連がある。そのため、これに研究従事する人々の属する分野は様々である。

1980年に日弁連は、健康権について「憲法の基本的人権に由来し、すべての国民に等しく全面的に保障され、なにびともこれを侵害することができないものであり、本来、国・地方公共団体、さらには医師・医療機関等に対し積極的にその保障を主張することのできる権利である」としている。
1980年代から、国際連合などいくつかの団体は、健康と人権との関係から、その国際的責任は、別々ではなく、1つのものであると認識するようになってきている。

1994年の国際人口開発会議 (ICPD) と世界女性会議 (WCW) の協議文書は、国際合意文書上で健康と人権の具体的なつながりを認め、また健康と人権について政府は二重の責任を負うということを示した。1990年代後半以降、健康権の法的内容・構造や国家の義務が検討され、2000年代に入ってからはその保障に向けた国際的メカニズムも徐々に構築されている。

健康づくりとは

健康づくり、ヘルスプロモーションは、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。

健康の源は収入、住居、そして食糧にある。健康の増進には、これらの基礎を支える強固な基盤が必要である。また、情報と生活技能、健康をつかむための機会、物品、設備、施設をもたらす支援環境、そして経済的物理的社会的文化的「総合的」環境も重要である。

人々と環境の関連は、健康への社会経済的アプローチの基本であり、これこそ本会議の概念的枠組みである。本会議では、健康づくりの精神、目的とする領域、開発の優先順位、そして健康づくりの抱えるジレンマの4つのテーマを議題とする。

背景

健康づくりの考え方は、19世紀から20世紀にかけて社会のありかたの変化や個人という概念の台頭、そしてさまざまな医学的発見に影響され、揺れ動きつつ、現在あるような考え方へと収束していった。

産業革命の影響

健康づくりの考え方の発祥は、19世紀の公衆衛生の先駆者の仕事にまで、さかのぼる。19世紀のイギリスでは、産業革命の影響を受け、大きな街の労働者には、貧困と過酷な労働状況、劣悪な生活環境と、いくつもの重荷が背負わされていた。

この恐るべき社会的状況は、必然的にいくつかの社会的課題へと帰結した。その一つが、コレラ、インフルエンザなど感染性疾病の大流行である。疾病は、市民にあまねく広がり、社会の安定への脅威となった。

エドウィン・チャドウィックやトマス・サウスウッド・スミスのような改革者たちは、地方自治体の改革を通じた社会状況の改善を強く訴えた。1875年に彼らの訴えは一つの法令に結実する。都市の水道供給、下水処理、動物処理の管理について定めた公衆衛生法令の採択である。法令に基づいた環境の整備は、感染性疾病の減少に大きな影響を及ぼした。トマス・マキューンが考察したように、これは、臨床医学が感染症の病原体や抗菌薬を発見するよりずっと前の出来事であった。

健康づくりとは

健康づくり、ヘルスプロモーションは、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。

医学的発見の影響
19世紀の後半までに、疾患の流行による脅威はいくぶんか低下することとなった。また数多くの医学的発見は人間の生物医学的な性質を明らかにしつつあった。また個人のありかたも時代とともに変化し、健康づくりの考え方は、環境的な手段から、個人教育に焦点が絞られるようになり始めた。健康づくりはやがて、この教育的な手法へ偏るようになった。教育的な健康づくりは、次第に心臓病の予防、がんの予防、高血圧の予防、糖尿病の予防と健康を脅かす多くの疾患の一つ一つの予防を重視する風潮へと発展していくこととなる。また、情報キャンペーンや、より病気になりやすい人を特定し、予防する手法なども、広まっていった。

ラロンド・レポートによる展望
しかし、 社会環境から健康づくりを支援するという考え方は、下火となることはあっても、途絶えることはなかった。1974年には、当時すでに世界的となっていた教育的な健康づくりと、 社会環境の改善を基盤とした健康づくりとを統合するきっかけとなる報告が、カナダから発信された。
それがカナダの厚生大臣マルク・ラロンドによる「死亡と疾患の大きな原因は、生物医学的な特性にあるのでは無く、環境的な要因、個人の行動、そして生活様式にある」という報告である。

この報告は、ややもすれば個人へと偏りがちだった健康づくりの視点を、人々と環境の両方へ向けさせる上で、大きな役割を果たした。この流れを汲み1986年に世界保健機関は、カナダのオタワにて第1回健康づくり国際会議を開催することとなった。

健康づくりを構成する考え方

健康づくりは、さまざまな概念から構成されているが、大きく分けて、健康の前提条件、3つの基本戦略、5つの活動領域から説明されている。健康づくりのためのオタワ憲章に示された考え方・方法は、当初の目標であった2000年以降の世界情勢の変化、新たなる知見・研究結果などを踏まえた2005年の国際会議においても推進はされても、否定はされていない。

健康づくり国際会議

1986年11月26日、ラロンド・レポートにより流れ始めた新たなる公衆衛生の潮流への高まる期待に対する回答として、カナダのオタワ市にて第1回健康づくり国際会議が開催された。

1986年11月26日、ラロンド・レポートにより流れ始めた新たなる公衆衛生の潮流への高まる期待に対する回答として、カナダのオタワ市にて第1回健康づくり国際会議が開催された。ここで採択された健康づくりのためのオタワ憲章では、2000年までにすべての人が健康を獲得することを目標として、保健政策や支援環境といった、健康づくりを構成する考え方が提示され、健康に影響を与える要素を包括的に管理する視点と方法が示された。またオタワ憲章のシンボルマークも作成され、これは現在に至るまで世界保健機関の提唱する健康づくりの象徴として扱われている。

健康づくり国際会議では、回を重ねる度に、オタワ憲章の考え方が強調されており、また1997年の第4回以降は健康の(社会的)決定要因への取り組みの重要性が訴えられている。

健康づくりのためのオタワ憲章

健康づくりのためのオタワ憲章は、1986年に世界保健機関によって作成された健康づくりについての憲章である。1986年11月17-21日にカナダの首都オタワにて開かれた、第1回健康づくり国際会議にて採択された。
1977年の第30回世界保健総会は、2000年までに世界市民が経済的生産力のある健康水準を得られるよう、健康づくりの重要性を強調した。

調停する(mediate)とは、個人と地域のさまざまな(個人的社会的経済的)利益、あるいは、さまざまな(公的私的)部門の和解を模索することである。人々の生活様式と生活状況は、否応無く、さまざまな利益と部門に摩擦をもたらす。この摩擦には、例えば、アクセスの利害関係、資源の利用と分布、個人や組織の慣習に対する制約がある。

健康づくりでは、これらを戦略として、5つの活動領域における課題を確認し、取り組むこととなる。

健康の前提条件

健康づくりのためのオタワ憲章では、健康づくりには欠かせない、健康の前提条件が明示された。

  平和
   住居
   教育
   食糧
   収入
   安定した環境
   持続可能な資源
   社会的公正と公平

これらの健康の前提条件は、1998年に健康の社会的決定要因として整理された。

3つの基本戦略

健康づくりに向けた3つの基本戦略が確認された。

推奨する: 健康の利点を明らかにすることで、健康的な環境の創造を推進する
可能にする: 健康のための機会や資源を確保することで、健康面での潜在能力を引き出せるようにする
調停する: 健康の追求において利害関係の対立する立場を仲立ちし、健康づくりにむけた妥協点を模索する。

可能にする(enable)とは、個人や集団の協働により、人的・物質的資源を流動化する取り組みである。これは、協働を通じた能力付与(エンパワーメント)を意味する。人的・物質的資源の流動化とは、例えば、健康情報へのアクセスの提供、個人スキル開発の促進、保健政策の制定に向けた政治的手段へのアクセスの支援である。

推奨する(advocate)とは、政治的誓約(マニフェスト)、政治的支援、社会的受容そして制度的支援を得るため、個人と社会の活動の連携を促すことである。これは、健康的な生活状況を整えるため、そして健康的な生活様式を獲得するための、個人と集団の支持にもとづいた取り組みである。この取り組みには、例えば、定義済みの課題をめぐる利益団体を通じた報道機関の利用、対政府広報活動(ロビー活動)、地域の流動化などがある。

5つの活動領域

健康づくりに向けた5つの活動領域が確認された。

(政策) 保健政策の制定 - 健康づくり政策は、法律制定、財政措置、課税、組織の改変からなる多様で相補的なアプローチを一本化します。健康づくり政策のために、非保健部門が保健政策を採択する際の障害を確認し、またその障害を取り除く方法を開発しましょう。
(環境) 支援環境の整備 - 健康づくり戦略の視点から、自然で魅力的な環境の保護と天然資源の保全に取り組みましょう。勤労、余暇、生活環境は、人々の健康の源です。
(地域) 地域活動の強化 - 地域の発展は、人的物質的資源を通じて自立と社会的支援を充実させ、住民参加を推進し、保健課題にとりくむ柔軟な制度の整備につなげましょう。これには、資金的支援と保健情報への、徹底的かつ連続的なアクセスが必要です。

(個人スキル) 情報スキルと教育スキルを介した個人スキルの開発 - 人々が(生涯を通じて)そのすべてのステージの準備をできるようにし、また、慢性疾患や外傷への心配を緩和することが、重要です。これを学校、家庭、勤労、地域の現場において促進しましょう。
  (医療)疾病の予防と健康づくりのための医療の再設定 - 保健部門は、臨床的治療的業務を果たす責任から離れ、健康づくりへ向かいましょう。医療の再設定には、医師の教育と訓練を転換し、ヘルスリサーチに注目することが必要です。

保健政策の制定は、保健部門(日本では厚生労働省)だけではなく、全ての省庁の決定が国民の健康に直接の影響をもたらしている、ということを踏まえている。全ての行政機関での決定が、保健政策としての一面を備えていなければ、健康づくりは達成されない。保健部門だけの働きでは、健康づくりは達成されないのである。保健政策についてのアデレード勧告を参照して下さい。

オタワ憲章以降

オタワ憲章以降、以下の宣言、憲章が採択されている。

  第2回健康づくり国際会議の保健政策についてのアデレード勧告(1988)
   第3回健康づくり国際会議の健康の支援環境についてのスンツバル声明(1991)
   第4回健康づくり国際会議の健康づくりを21世紀へと誘うジャカルタ宣言(1997)
   第5回健康づくり国際会議の健康づくりのためのメキシコ声明(2000)
   第6回健康づくり国際会議の健康づくりのためのバンコク憲章(2005)

  日本: 健康づくりに関する京都宣言(2002)
   アメリカ合衆国: ヘルシー・ピープル2010(2000)
   世界保健機関: Health for all targets in 1997
   世界保健機関: Health 21 in 1999
   世界保健機関: 食事と運動、健康についての世界戦略 (2004)
   イギリス: Our Healthier Nation
   イギリス: National Plan 

合意形成のプロセス

一般にまちづくりにおいては、地域の合意形成が重視される。上記のような課題を共通で認識するために、ワークショップなどの手法が用いられることも多い。ワークショップは住民の合意形成を図るため有効な一つの手段であるが、全ての住民が参加することは(ほとんどの場合)不可能であり、参加しなかった住民が後から異議を唱える事例も見られる。

そこで、多くの住民の声をより、まちづくりに反映させるために、インターネット上での議論を可能とするICTの活用や、まちづくりの議論に参加していない、あるいはできなかった人々のところに出向き、意見を聴取するアウトリーチなど様々なまちづくり技術の組み合わせによって、多くの意見を汲み、住民間の合意形成が期待される。

まちづくりの課題

地域の課題には様々なものがあり、地域ごとの特色が現れる。たとえば次のようなものがある。

  商店・家屋・道路が、長い期間により劣化し、時代にそぐわなくなっている。
   高層建築物などによる日照や、多量の交通量による公害など環境が悪化している。
   障害者や高齢者に向けた、交通施設や建築物の配慮が不十分である。
   防犯対策が不十分である。
   企業統廃合による空地の有効利用。
   公園や病院など、健康に寄与する施設整備。
   芸術・遺跡など、文化の保護。
   居住地域・商業地域・工場地域・文化地域・緑化地域など、ゾーニング。
   建築物・広告などの高さや色による景観。
   既存のライフラインの老朽化

これらの課題でキーワードは、主権者の権利及び責任としての参画の必要性から「住民主体」または「協働」、今後も安定的な地域社会の存続を図る必要性から「持続可能性」、衰退している状況からの脱却という意味で「地域再生」或いは「地域活性化」・「地域振興」という事柄が核となることが多い。

まちづくりの諸相

都市部においては住民に住んでいる自地域を知ってもらうような活動も行なわれている(杉並区の「知る区ロード」など) 。

「福祉のまちづくり」といった場合、バリアフリー化、ユニバーサルデザインなどのハード志向の話が出る場合と、ボランティア育成などのソフト面の話になる場合がある。これは現代日本のニュータウンの抱える問題そのものであり、住民の特定層が住みやすい街へと改善する活動である。

高層マンションの計画や自然環境を破壊する開発計画に対する反対運動などをきっかけに、まちづくりが考えられることも多い。建築基準法や都市計画法だけでは、住みやすい町をつくることができないのではないか、という反省につながり、自治体独自の自然保護条例・景観条例などが検討される場合もある。

地方自治体の政策分野として「まちづくり」を掲げ、部署の名称、政策・事業の名称、役職の名称が定められるとともに、職員の募集に際してもまちづくり職人と形容する事例が見られる。

それに伴い、「まちづくり条例(「自治基本条例」、「まちづくり基本条例」、「行政基本条例」)」と称する条例を作る自治体が多くなっている。内訳を見ると、自治体行政への市民の参加を規定するもの、景観を規制しようとするもの、地区計画作りを支援しようというもの、開発許可の際に周辺住民が関与できるようにするもの、自治体独自の開発・建築規制を行うものなど、様々なものが見られる。

歴史的建造物の保存も、単に美術的に優れている、という観点だけでなく、町の個性を作ったり、コミュニティの核になる、というまちづくりの観点から捉えられることが多くなってきている。(必ずしも芸術的に優れている建物でなくとも、地域で親しまれている建物であれば保存する価値がある)

町の方向性を地域特性や住民の考えを考慮した上、「都市計画」を作成し、土地建物の建築改装の際に審査許可を行う。

まちづくり公社

近年、地方公共団体の公企業で都市開発公社や都市整備公社に変わり、まちづくりを冠した名称を有する企業が増えている。山形県すまい・まちづくり公社、神戸すまいまちづくり公社など。ほか一例は以下の通り。

町田まちづくり公社(東京都町田市)
三春まちづくり公社(福島県三春町、福島さくら遊学舎)
東松山文化まちづくり公社 (千年谷公園)
薩摩川内市民まちづくり公社(鹿児島県薩摩川内市、薩摩川内市せんだい宇宙館)
出石まちづくり公社 (兵庫県豊岡市、出石藩夏まつり)
一般財団法人前橋市まちづくり公社(前橋テルサ、前橋市民文化会館、前橋市民体育館、大胡総合運動公園、グリーンドーム前橋、前橋シネマハウス)

まちづくり公社

有限会社まちづくり公社呉羽 (呉羽いきいきバス)
  東紀州観光まちづくり公社 (千年の愉楽)
   株式会社 出雲まちづくり公社
   公益財団法人阿久根市美しい海のまちづくり公社 (鹿児島県阿久根市、肥薩おれんじ鉄道線阿久根駅)
   公益財団法人練馬区環境まちづくり公社 (東京都練馬区)
   株式会社 大田まちづくり公社 (東京都大田区)
   財団法人いしかわまちづくり技術センター
   財団法人輝北上場公園まちづくり公社 (輝北天球館)
   川崎市まちづくり公社 (川崎市岡本太郎美術館)
   財団法人宮崎市花のまちづくり公社

財団法人浜松まちづくり公社 (浜北駅駅前再開発ビルなゆた・浜北)
財団法人兵庫県まちづくり技術センター
北区まちづくり公社(東京都北区)
公益財団法人静岡市まちづくり公社(静岡市清水庵原球場、静岡ヘリポート、清水ナショナルトレーニングセンター、静岡市清水日本平運動公園球技場、「アトサキ7プロジェクト」)
一般財団法人千葉県まちづくり公社(柏の葉公園、県立柏の葉公園野球場、柏の葉公園総合競技場、長生の森公園野球場、千葉県野球場、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場、千葉県立館山運動公園、北総花の丘公園、青葉の森公園、千葉県総合スポーツセンター東総運動場陸上競技場、長嶋茂雄記念岩名球場、千葉県総合スポーツセンター、ボンベルタ百貨店)
公益財団法人名古屋まちづくり公社(金山南ビル、大曽根地下街オズガーデン、アスナル金山、名古屋都市センターまちづくりライブラリー)

コンパクトシティ

コンパクトシティとは、都市的土地利用の郊外への拡大を抑制すると同時に中心市街地の活性化が図られた、生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市政策のことである。

コンパクトシティは、環境問題などの近代都市特有の問題から都市のあり方を再定義する過程で生まれた概念であり、1973年にジョージ・ダンツィヒとトーマス・L・サティによって造られた造語である。

類似した概念としては、アメリカにおける「ニューアーバニズム」や、イギリスにおける「アーバンビレッジ」などがある。

特徴

欧米では、環境保護やスプロール現象の抑止といった観点からコンパクトシティを行っているのが特徴である。
ヨーロッパ

1972年に発表された『成長の限界』という環境問題に焦点を当てた研究で「持続可能な開発」という考えの元になった本が始まりとされており、「環境負荷の低減」が重要な政策目標となっている。

脱クルマ社会を目指し、徒歩で生活できるようにするため、路面電車やライトレールなどの軌道系公共交通の整備や延伸を積極的に行っている。

また、中世の城壁都市がルーツとなって発展してきた都市が多いため、歴史や文化の保全、継承等の考えで、コンパクトシティを推し進めてきている都市も多い。

アメリカ

アメリカの都市では、スラム街の拡大や犯罪の増加などのインナーシティ問題により、中心地から富裕層や産業が郊外に逃げ出したことによって発生した、都心部に取り残された貧困層との分断、交通渋滞、ダウンタウンの衰退、広域的に発生する環境問題などの諸問題を都市として包括的に対応していく「都市の成長管理」という考え方が基本になっている。

また、農業政策が大きく関わっていて、効率的な大規模農業を推進するため、都市成長境界線を用いて農地が住宅地やショッピングセンターなどに転用されるのを防ぎ、スプロール化を抑止している。

日本

進む中心市街地の空洞化

日本の都市は高度成長期を経て拡大を続け、政策的にも郊外の住宅地開発が進められてきたが、大規模小売店舗法の改正などもあり1990年代より中心市街地の空洞化現象(ドーナツ化現象)が各地で顕著に見られるようになった。

特に鉄道網の不十分な地方都市においては自動車中心社会(車社会)に転換し、巨大ショッピングセンターが造られ、幹線道路沿線には全国チェーンを中心としてロードサイド型店舗やファミリーレストラン、ファーストフード店などの飲食店が出店し、競争を繰り広げるようになった。また商業施設のみならず公共施設や大病院も広い敷地を求めて郊外に移転する傾向が見られる。

一方、旧来からの市街地は街路の整備が不十分で車社会への対応が十分でない場合が多い。昔から身近な存在であった商店街は、道路が狭く渋滞している、駐車場が不足している、活気がなく魅力ある店舗がないなどの理由で敬遠されて衰退し、いわゆるシャッター通りが生まれている。古い市街地は権利関係が錯綜しており、再開発が進まなかったことも一因である。
郊外化の問題点

郊外化の進展は、既存の市街地の衰退以外にも多くの問題点を抱えている。

自動車中心の社会は移動手段のない高齢者など「交通弱者」にとって不便である。
無秩序な郊外開発は持続可能性、自然保護、環境保護の点からも問題である。
際限のない郊外化、市街の希薄化は、道路、上下水道などの公共投資の効率を悪化させ、膨大な維持コストが発生するなど財政負担が大きい。

コンパクトシティの発想

交通体系では自動車より公共交通のほか、従来都市交通政策において無視に近い状態であった自転車にスポットを当てているのが特徴である。

自治体がコンパクトシティを進めるのには、地方税増収の意図もある。例えば、地価の高い中心部に新築マンションなどが増えれば固定資産税の増収が見込まれ、また、都市計画区域内の人口が増えれば都市計画税の増収も見込まれる。すなわち、同じ自治体内の郊外から中心部に市民が住み替えるだけで地方税の増収に繋がることになり、経済停滞や人口減少が予想される自治体にとってコンパクトシティ化は有効な財源確保策と見られている。

推進例

札幌市、稚内市、青森市、仙台市、富山市、宇都宮市、豊橋市、神戸市、北九州市、松山市、佐世保市などの各市は、コンパクトシティを政策として公式に取り入れている。

市街地の拡大による除雪費用の増大が問題となっていた青森市では、郊外の開発の抑制と新町を含む中心市街地の再開発を施策とし、公営住宅の郊外から中心部への移転などを行っている。また、富山市の場合、もともと発達していた富山地方鉄道の中心市街地を通る路面電車網を拡張して環状線化し、駅も増やして、貸出自転車駅を併設するなど意欲的な姿勢をみせている。さらに富山駅の高架下を経由して駅北部の路面電車網と南北で直接相互乗り入れを行うことで、交流人口の増加による中心市街地の活性化をはかっている。また岐阜方面からの集客力を強化するために高山本線の増発や駅設置の社会実験も行っている。

比較的規模の大きい地方都市では近年、中心市街地の地価の下落や工場の移転等に伴う都心部へのマンション建設による人口の都心回帰という、コンパクトシティの方向への自然発生的な変化も見られる。

コンパクトシティ誘導政策

国や国土交通省も、コンパクトシティを目指すべく政策転換を進めている。1998年制定のまちづくり3法(改正都市計画法、大規模小売店舗立地法、中心市街地活性化法)が十分に機能しておらず、中心市街地の衰退に歯止めがかかっていないとの問題認識から見直しが行われ、そのうち都市計画法と中心市街地活性化法が改正された(2006年6月、2006年8月施行)。その内容は、国と地方公共団体及び事業者の中心市街地活性化のための責務規定の新設、大規模集客施設の立地調整の仕組みの適正化、郊外への都市機能の拡散抑制などであった。この改正については、福島県などで問題になった郊外への大型量販店やショッピングセンターの立地抑制に狙いがあるのではないかとの批判がある。

2020年6月、都市再生特別措置法が改正され、コンパクトシティの形成を促進するため、立地適正化計画制度が創設された。この制度は自治体が立地適正化計画を策定し、住宅を集約する居住誘導区域と店舗や福祉施設を集約する都市機能誘導区域を設定することで、効率的な街作りを行うものである。各自治体の作成した「立地適正化計画」は公表されている。

コンパクトシティへの動きが目立つ一方、以下のような課題も多い。

既に拡大した郊外をどう捉えるのか
郊外の環境の良い、ゆとりのある住宅を好む住民も多く、必ずしも住民の支持を得られていないケースも多い中で、成功するのか。住民の意向を無視した上からの押し付けにならないか。また、平成の大合併で広大な自治体が次々と誕生した中で、コンパクトシティ化は郊外や旧自治体の中心街を切り捨てることに繋がらないかと不安がある。
郊外の発展を抑えれば中心市街地が再生するのか
市街地拡大の抑制そのものが目的と誤解され、街のにぎわいを取り戻し再生させるという本来の目的が忘れ去られるおそれがある。例えば、郊外化を抑制する目的で郊外へのショッピングセンター立地を抑制するという名目での、活性化策を自ら企画実施しようとしない既存商店街保護へのすり替えの恐れがある。

都市計画をツールとして有効に活用できるか
従来も、都市計画が真に有効に機能していれば防げたことは多いのではないか。現状追認に終始してきたのではないか。都市計画が現状追認にならざるを得なかったのは、都市計画が国民、住民の希望・考えを無視した官僚・学者主導のものになっていたからではないか。
自動車への依存を克服できるのか
自動車への依存は、駐車場スペースや道路幅が狭い傾向にある中心市街地には不利に働くが、既に鉄道やバスによる公共交通網が衰退し、郊外の発達した地域では、自動車による移動以外に適当な手段がない場合も多い。またたとえ公共交通網に投資をしたところで、自動車による移動に慣れた住民が十分に公共交通機関の利用に向かうのかという不安もある。

商店街のスケールをどう捉えるのか
既存商店街内においてもストロー効果の発現やタイアップの失敗により全体として見ると成功とは言い難い状況になる場合もある。そのような理由から商業機能集積という観点において、駅ナカ・駅前・中心市街地という関係、容積が過剰な商業施設の建設、側道未整備による渋滞の状況をどう考えるかという問題も存在する。

環境負荷
再開発により、環境負荷がかかるのではないか。

コンパクトシティ政策の見直し・修正

ブームとなったコンパクトシティ政策であるが、失敗事例も相次いだ。商業施設には入居する店舗が少ない、撤退する店舗が相次ぐなど、思惑通りにいかないこともある。再開発ビルの失敗例としては、青森市の「アウガ」、佐賀市の「エスプラッツ」、秋田市の「エリアなかいち」などが挙げられる。

青森市の場合、郊外の住民に住んでいる不動産を売却してもらい、その売却益で中心部の住居(主にアパートやマンション)を買ってもらう計画だったものの、郊外の地域では買い手が付かない上に、売却益が安すぎて中心部の住居が買えず、住民は一方的に自治体からその計画を言い渡されて何の補償も得られていない。このため、一極集中型ではなく多極型の都市政策に転換を図った。

秋田市の場合、再開発により一定の成果が出たが、「コンパクトシティの名の下に縮小・衰退させた」との批判も出る中、郊外施設も容認する方向に転じた。

中心市街地とは

中心市街地(ちゅうしんしがいち)とは、都市における地域の中心となる中央業務地区のことである。人口が集中し、商業、行政機能が充実している地域を指す。モータリゼーションの進行に伴い、地方都市の市街地は衰退傾向が続いている。また、少子高齢化の時代背景もあり、コンパクトシティを目指す自治体では近年、都市観光、まちなか併任、歩いて暮らせるまちづくり等、中心市街地の活性化に向けた取り組みが行われている。

日本
沿革
かつて日本の多くの地方都市では職住が混在し、人口・雇用が中心部に密集していた。高度経済成長期になると郊外一戸建て志向が強まったため、中心市街地から郊外に移る人口が増え、人口集中地区が拡大した(ドーナツ化現象)。1980年代頃には、人口が増えた郊外に小売業・生活関連サービス業の店舗が増え、商業機能の郊外化が発生した。それに伴い、店舗を主な取引先とする卸売業・事業所サービス業事務所なども郊外へと移動し、中心市街地には老舗小売店・地元百貨店・金融機関(駅・官公庁への近接性を重視)・大企業支店などが残された。

市街地のまちづくり

国土交通省(旧建設省所管)都市局都市政策課では市街地のまちづくり活性事業として、以下のとおり都市行政の基本方針を示している。

都市計画制度の運用による総合的、計画的な都市整備の推進・・・・・制度の充実による的確な運用を図るとともに、都市計画を活用し、道路・公園・下水道等の都市基盤施設の整備、土地区画整理事業、市街地再開発等を総合的、計画的に、かつ、うるおいのある住環境を備えた活力にあふれたまちづくりを、用途地域制度の整備、公共施設が十分備わった市街地整備と土地有効利用の促進のための誘導容積制度、住民の意見を十分反映つつ具体的なまちづくりビジョンをきめ細かく定める市町村の都市計画に関する基本的な方針の創設、といった基本方針をもって推進を図るとしている。
緑の保全・創出、良好な都市景観の形成等の推進と併せた総合的、計画的な都市間環境施策の推進。

東京圏
各種の統計資料などでは、東京都心から50-70kmの圏内、あるいは利根川以南に位置する東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の南関東1都3県を「東京圏」や「東京都市圏」として定義する事例が多く見受けられ、それに加えて近年では内閣府を含めた官公庁や民間団体が「首都圏」という言葉を東京都区部およびその近隣域を指す「東京圏」や「東京都市圏」の同義語として用いている例がある。

広域都市圏の領域
大西洋とロングアイランド海峡に挟まれたロングアイランド及びニューヨーク市の一部には、およそ1,100万人が居住している。

広域都市圏は、5つの隣接した大都市圏と、独自の都市圏から構成される。ニューヨーク=ニュージャージー=ブリッジポート、ニューヨーク=ニュージャージー=コネチカット=ペンシルヴェニア広域都市圏として知られ、2009年時点で推計人口2208万5649人を抱えている[7]。アメリカ人の15人に1人はこのエリア(ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの7つの郡を追加したエリア)に住んでおり、しばしばペンシルヴァニア州を除いてトリ・ステート(3州)・エリア、トリ・ステート・リージョンなどと呼ばれる。しかしながら、ニューヨーク市テレビのデザイネイテッド・マーケット・エリア (DMA) では、広域都市圏に含まれるペンシルヴァニア州のパイク郡も含んでいる[8]。

ニューヨーク=ニュージャージー北部=ロングアイランド、ニューヨーク=ニュージャージー=ペンシルヴァニア都市圏に加え、次の都市圏もニューヨーク=ニュージャージー=ブリッジポート、ニューヨーク=ニュージャージー=コネチカット=ペンシルヴァニア広域都市圏に加えられている。全人口2223万2494人。

ブロンクス=ホワイトストーン橋(I-678の一部)
ブルックリン=バッテリー・トンネル(I-478の一部)
ブルックリン橋はニューヨーク市にあり、アメリカ合衆国国立公園局によって、1964年1月29日にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。
ドリスコル橋(ガーデン・ステート・パークウェイの一部)は、15車線と6つの路肩を有する、世界で最も車線数が多い橋であり、最も交通量が多い橋の1つでもある。
エド・コッチ・クイーンズボロ橋(NY 25の一部)
ジョージ・ワシントン橋(I-95とUS 1-9/46の一部)は、世界で最も交通量の多い橋であり、14車線を有する車線の多い橋の1つでもある。
ゴーサルズ橋(I-278の一部)
ホランド・トンネル(I-78の一部)
リンカーン・トンネル(国道495号線の一部)
マンハッタン橋は、マンハッタンのチャイナタウンとブルックリンを結び、車に加えニューヨーク市地下鉄の 系統が通っている。
アウターブリッジ・クロッシング(NY 440とNJ 440の一部)
クイーンズ=ミッドタウン・トンネル(I-495の一部)
ロバート・F・ケネディ橋(I-278の一部)は、トライボロー橋としても知られる。
タッパン・ジー橋(I-87、I-287、ニューヨーク州スルーウェイの一部)
スロッグスネック橋(I-295の一部)
ヴェラザノ・ナローズ橋(I-278の一部)はアメリカ最長の吊り橋であり、世界でも有数の長さである。

通勤バス

ニュージャージー・トランジット、アカデミー・バス、コーチUSA、スパニッシュ・トランスポーテーションなどのバス会社は、マンハッタンにあるポート・オーソリティ・バスターミナルへの通勤バスを運営しており、ニュージャージー州内のバス路線もある。また、ニューヨークとコネチカットの両州でも運営され、たいてい地下鉄駅や鉄道駅が終点となっている。
主な空港
ジャマイカのジョン・F・ケネディ国際空港内を走るエアトレイン

ニューヨーク都市圏の上空は、全米で最も交通量が多い — 3つの主要空港があり、毎年1億人以上の乗客が利用する。
空港 IATA コード ICAOコード 郡 州
ジョン・F・ケネディ国際空港 JFK KJFK クイーンズ ニューヨーク
ニューアーク・リバティ国際空港 EWR KEWR エセックス / ユニオン ニュージャージー
ラガーディア空港 LGA KLGA クイーンズ ニューヨーク

▼核酸の作用

核酸の作用として挙げられるのは、下記のよう効果が期待できます。
・アンチエイジング
・抗ガン
・新陳代謝促進
・免疫力の活性化
・美肌
・抗酸化
・肝機能強化
・腸内細菌の正常化
・アレルギーの改善
・学習能力の向上
・脂肪吸収抑制
・強精
・利尿
・育毛促進

上記からも核酸が健康に良いものであり、現在はあまり普及しておりませんが、
多くの人に認知されるべき栄養素ということができるでしょう。


▼核酸を含む食品

以上から核酸の必要性が分かります。
そこで核酸を摂取するためのおすすめの食材やレシピをご紹介いたします。

一覧

魚介類
サケの白子 10600
ちりめんじゃこ 2400
煮干し 1187
鰹節(かつおぶし) 746
鰯(いわし)の缶詰 590
大正海老(たいしょうえび) 392
鯵(あじ)の干物 382
おきあみ 375
鰯(いわし) 343
秋刀魚(さんま)の干物 326
鰹(かつお) 315
車海老(くるまえび) 301
鮭(さけ) 289
牡蠣 284
スルメイカ 280
やりいか 248
アサリ 235
芝えび 228
ずわいがに 221
鰌(どじょう) 214
鮎(あゆ) 203
鱈子(たらこ) 200
真蛸(まだこ) 200
鯛(たい) 196
めばる 186
鯖(さば) 182
鰤(ぶり) 182
鱸(すずき) 179
鮪(まぐろ)の缶詰 175
真がれい 172
蛤(はまぐり) 168
タラバガニ 165
鯉(こい) 158
はたはた 151
公魚(わかさぎ) 147
鰻(うなぎ) 144
つみれ 109
焼竹輪(やきちくわ) 77
笹蒲鉾(ささかまぼこ) 77
なると巻き 53
焼板蒲鉾 46
数の子 35
魚肉ソーセージ 35
さつま揚げ 35
筋子 28
鮭の缶詰 26

豆類&調味料
きな粉 1358
うずら豆 485
レンズ豆 484
ささげ豆 306
大豆 294
凍豆腐 287
赤味噌 214
納豆 186
干しえんどう豆 173
白味噌 140
小豆(あずき) 133
グリーンピース 98
さや豆 95
えんどう豆 63
いんげん豆 60
豆腐 53
豆乳 35
醤油 28

おすすめ食材

ちりめんじゃこ、煮干し、かつお節、大豆、えんどう豆、ほうれん草、アスパラガス、カリフラワー、マッシュルーム、レバー、ササミなど。

野菜の内、特にマッシュルームは核酸の植物源で、プリン体を多く含んでいます。アスパラガスは急成長する食物なので、核酸を多く含んでいます。果物の皮や甘い果肉、種などの細胞にも核酸が含まれています。
また、納豆やきな粉といった大豆製品にも核酸が含まれます。日本人の食卓の定番であり、きな粉なら少量ずつ摂取できるので、毎日少しずつ核酸を摂るのに向いている食品といえます。
大切なのは、毎日コツコツと摂取することです。いくら核酸が多く含まれているからといって、一度に大量に食べては栄養バランスが偏りかえって健康を損ないます。いろいろな食材から少しずつ摂っていくのが理想なので、覚えておいてもらえればと思います。

【核酸でアンチエイジング!おすすめの食材】

核酸を豊富に含んだ食材をメインに使ったおすすめレシピをご紹介します。

★ほうれん草とリンゴの核酸ドリンクの作り方

<材料>
・ほうれん草 2束
・リンゴ 1個
・水 100mm

<作り方>

1.ほうれん草2束とリンゴ1個を用意します。
2.ほうれん草は3センチに、リンゴは一口サイズに切ってください。
3.ほうれん草、リンゴ、水をミキサーに入れて混ぜてください。(ブレンダーでも可)
4.コップに入れたら出来上がりです!

ほうれん草2束リンゴ1個をそのまま食べるのはなかなか大変ですが、ドリンクにすることで難なく摂ることができます。

  • 最終更新:2024-02-21 22:35:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード